障害福祉サービス業務セミナー2017

行政書士の実務レベルを上げることが、
行政書士自体の底上げになり、
さらにはご依頼者の方の利益になる。

各業務のプロフェッショナルが集い
行政書士実務を継続的に学べる場を作る。

その想いではじめたのがこの行政書士の学校です。

セミナーの様子

今回の実務セミナーは障害福祉サービス業務

講師はこの業務のプロフェッショナル
介護業界を支える行政書士こと小澤先生

一般社団法人日本介護協会が主催する
「介護甲子園」の執行役員を務める他、
一般社団法人日本介護協会が発行する
「介護応援隊」の編集長でもあります。

少子高齢化に伴い
介護業界を含めた障害福祉業界は
非常に大きな市場になっております。

去年の障害福祉サービス業務セミナーの様子

これについて
我々行政書士としてどういった関わり方があるのか?

社労士との業際も含めて
非常に興味深いところだと思います。

実際に介護業界に携わっていた経験を持つ先生だからこそ
業界の話を含めた本質的なお話が聞けます。

毎年満員御礼となる
人気業務でもあります。

>>過去の模様はこちら

さらには
こうした新しい業務を作り出すための営業方法
ブランディングについても触れていただけるとのことで
去年からさらに内容も盛りだくさんになります。

本物の専門家から
今後さらにニーズの高まる
障害福祉業務について学びませんか?

一般論に終始せず、
実例を基にした営業の話や実務の裏話などはもちろん
業界のことについても話していただきます。

本当に実務に精通している専門家から
生の現場の話をたっぷり少人数で聞けるチャンスです。

まだまだこれからの業務でチャンスが沢山あります。
この機会に一緒にしっかり学びませんか?
ぜひご興味のある方は奮ってご参加ください!

障害福祉サービス業務セミナー2017 こんな方におススメ

 これから開業する方
 介護業務に興味がある方
 障害福祉業務について興味のある方
 介護や障害福祉業界に興味がある方

障害福祉サービス業務セミナー2017 セミナー内容

序.自己紹介

Ⅰ.障害福祉サービスとは? 
1.障害福祉サービスの基礎知識
 ①障害福祉サービスの枠組みとは?
 ②障害福祉サービス種類について
2.業際問題について

Ⅱ.放課後等デイサービスと居宅介護サービスの指定申請時の流れ
1. 放課後等デイサービス開設の指定申請代行の依頼を受けたら確認すること
 ①開設場所の確認
 ②物件の確認
 ③人員配置基準の確認

2. 放課後等デイサービスの申請時の流れ
 ①事前相談時の注意点
 ②必要書類の収集、必要事項のヒアリング、人員配置リストの提案
 ③指定申請書類作成、役所へ提出

3.居宅介護サービスの指定申請代行の依頼を受けたら確認すること
 ①クライアントがおこないたいサービスの確認
 ②開設場所の確認
 ③人員配置基準の確認

4. 放課後等デイサービスの申請時の流れ
 ①事前相談時の注意点
 ②必要書類の収集、必要事項のヒアリング、人員配置リストの提案
 ③指定申請書類作成、役所へ提出

5. 指定申請業務についてのよくある疑問
 ①あえて事業者本人と一緒に申請する理由
 ②事業者は給付費の要件を理解していますか?
 ③役所との対応で注意すべきこととは?

Ⅲ.申請以外でもまだまだ開拓可能な障害福祉サービス、介護サービス業務
1. おざわ行政書士事務所が実際におこなっているサービスの具体例
① 税理士、社労士以外でも可能な業者の紹介、施設の準備全般のコンサルティング、営業に関するコンサルティング
② 従業員向けの基礎研修、申請後に必要な書類に関するコンサルティング
③ 国保連合会への給付費の請求業務のコンサルティング
④ 顧問先向けに対し、オリジナルの情報提供&大学の先生のゼミナール主催、交流会主催
2. 申請業務、変更手続き業務以外で可能な業務
① 融資、助成金の提案業務
② 国保連合会への給付費の請求業務のコンサルティング・アウトソーシング業務
③ 実地指導や営業に関するコンサルティング
3. 【甲子園】の熱狂的な最強の応援団になろう!

Ⅳ.マイナーな分野で活躍するために知っておきたい営業方法
1. インターネット経由で仕事を受注するために知っておきたいこととは?
2. 初回相談から有料で対応するために必要なこととは?
3. マイナーな分野で活躍するために知っておきたいブランディング方法

※一部内容が変更する可能性があります。

障害福祉サービス業務セミナー2017 講師紹介

おざわ行政書士事務所 代表 行政書士 小澤信朗

おざわ行政書士事務所 代表 行政書士 小澤信朗

1977年3月31日、東京都世田谷区に生まれる。
現在、東京都中野区で活動する行政書士。

山形大学人文学部4年の時に、知的障害児のための学童保育でボランティアを始めたことをきっかけに、 介護保険サービス&障害福祉サービスに関するサポート業務をおこなうことが自分のライフワークとなる。

山形大学人文学部を卒業後、満喜株式会社で介護保険対応総合システムのシステムサポート員を経て、2010年9月おざわ行政書士事務所を中野区で開業。

開業後、6年間でリコージャパン株式会社、NDソフトウェア株式会社、多摩信用金庫、株式会社エスエムエス、株式会社YSKe-com、パナソニックエイジフリーサービス株式会社、新興サービス株式会社、株式会社細田工務店、株式会社いきいきらいふ、公益社団法人かながわ福祉サービス振興会、連合福井、渋谷区あやめの苑地域包括支援センター、武蔵村山市南地域包括支援センター、 杉並区地域包括支援センターケア24西荻、府中市地域包括支援センター安立園など上場企業や大手労働組合、地域包括支援センター主催のセミナー講師経験あり。

このほかに自主開催の勉強会や交流会をゼミナールの主催を100回以上実績あり。障害福祉サービスの開設&運営の手続きやコンサルティング実績、多数。 特に、障害児の療育施設である放課後等デイサービスは、東京都だけでなく、青森県や岩手県、福島県、宮城県、福島県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、千葉県、神奈川県、新潟県、長野県、 静岡県、岐阜県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、沖縄県などからも依頼をうけ、100件以上の開設・運営のコンサルティングや申請代理業務の実績あり。

「不明点や確認したい点がないことを確認してからでないと打ち合わせが終わらない」ということをモットーとしているため、 1人1人のお客様との打ち合わせが長いのが特徴な新進気鋭の行政書士である。

一般社団法人日本介護協会が主催する「介護甲子園」執行役員。
一般社団法人日本介護協会が発行する「介護応援隊」編集長。

共著「混合介護」(日総研)。「高齢者住宅新聞」「介護ビジョン」「デイの経営と運営」「通所介護&リハ」などで執筆、取材実績あり。

メディア情報

障害福祉サービス業務セミナー2017 開催概要

日時 2017年11月25日 土曜日 13時30分~17時00分
参加費用 10,800円
※事前振込となります。
※申込みは【先着順】にて受付いたします。
※懇親会は別途実費のみいただきます。
※直前のキャンセルへの返金はご遠慮いただいております。
(申込受付後、メールにて振込先連絡)
場所 株式会社KACHIEL セミナールーム ※品川駅徒歩5分
住所 東京都港区高輪3-25-23京急第2ビル6F
アクセス http://kachiel.jp/company.php#access

障害福祉サービス業務セミナー2017 お申し込みフォーム