酒類販売業務セミナー2013

せっかく受験に受かっても、雇用が少なく、
即独立の多い行政書士。

行政書士会の研修などはあるものの、
大人数のためどうしても一般論に終始しがち、
さらに現役バリバリの専門の先生が話すことは少ないのが現状。

しかし、
初めてだからできませんでは
いつまでたってもできません。

でも、
経験不足や知識不足で
お客様に不利益を与えるわけには絶対にいけません。

僕自身、
独立してはじめての仕事をするとき
胃が痛くて前日眠れませんでした。

それは今でもやったことのない業務の際は同じです。
やったことあっても、
複雑な状況のものの場合は同様です。

行政書士の実務レベルを上げることが、
行政書士自体の底上げになり、
さらにはご依頼者の方の利益になる。

そんな想いから始めたのが【行政書士実務セミナー】です。

今回は酒類販売業務です。

グローバル化が進む中で
最近急速にニーズが高まっている酒類販売業務。

インターネットの普及で海外のお酒も手軽に販売できる
直接お店としてもお酒を販売したい
そういう声がどんどん大きくなっています。

実際に僕自身もやっているといっていないのに
定期的にこうしたご相談をいただいています。

そこで、開業以来お酒の分野に特化され、
お酒の専門家である石井慎太郎先生にご登壇いただきます。

去年の酒類販売業務セミナーの様子

>>去年の模様はこちら

お酒に関する手続きに精通されているだけでなく
前職がお酒に関するお仕事もされていたということで
業界の知識も豊富です。

何より慎太郎さんは僕が開業した当時からのお付き合い
本当に誠実で、真摯な姿勢で、大好きな人です。

また、積極的にマーケティングや経営の勉強もされていて
当日はそうした営業集客の話も聞けると思います。

もちろん先日のこの本にも執筆いただき
誰よりも早く原稿を上げる真面目さもあります(笑)

駆け出し行政書士さんのための実務の手引き 許認可業務編/翔泳社

当日は本に書ききれなかったことも聞けるほか
何より質問できるという特典もあります。

また、今回は年内最後のセミナーということで
終わった後には望年会を予定しております。

各講師たちにも声をかけておりますし
ぜひこの機会に今年一年の振り返りを
行政書士の学校に携わっていただいた皆様と
一緒にできればと思っております。

望年会からの参加も可能です。
ぜひご興味のある方は奮ってご参加ください!!

酒類販売業務セミナー2013 こんな方におススメ

 酒類販売業務に興味のある方
 お酒が好きな方
 現場の生の話を聞いてみたい方
 お酒に関する業務の相談を受けたけどちょっと不安な方
 現場の生の営業方法を聞きたい方

酒類販売業務セミナー2013 セミナー内容

■タイトル「はじめての酒類販売業免許入門」

(1) 酒類業界の概要【10分】
・流通構造とビジネス特性

(2) 酒類販売業免許の種類【10分】
・ニーズの多い小売業免許(一般小売+通販)と卸売免許について
・その他免許(媒介業免許、期限付き免許 等)

(3) 税務署対応の注意点とノウハウ【10分】
・税務署の酒類指導官に会う前に抑えておくべきポイント
・事前相談の重要性とポイント

(4) 事例別に見る酒類販売業免許申請の要件とツボ【計100分】
・要件毎の落とし穴と対処方法(60分)
(人的要件、場所的要件、経営基礎要件、需給調整要件)

~~~~~~~~~~~休憩 10分~~~~~~~~~~~~~~~~

・事例その1 一般酒類小売業免許(10分)
・事例その2 通信販売酒類小売業免許(10分)
・事例その3 コンビニエンスストア(5分)
・事例その4 無店舗型の酒類販売(5分)
・事例その4 小売業免許と卸売業免許の手続き上の相違点(5分)

(5) 申請書類の書き方と添付書類の留意点【30分】 
・手引書の記入例では分からない記入ノウハウ
・あなどれない添付書類の重要性
・あると有利な補足書類

(6) 酒類販売業免許と飲食業の関係性【10分】
・飲食店経営者が酒販免許を申請、取得する際の注意点!

(7)酒類業界の今後とビジネスチャンス【5分】

※一部内容が変更する可能性があります。

※忘年会の費用は5000円となります。

酒類販売業務セミナー2013 講師紹介

石井 慎太郎

いしい行政書士オフィス 石井 慎太郎

酒類販売免許を専門とする「お酒の行政書士」

1975年生まれの福岡県出身。中央大学商学部卒業後、サッポロビール(株)へ入社。

営業マンとして、特約店、酒販店、飲食店、コンビニ、スーパーを対象に新規開拓とルート営業を経験。

その後人材ビジネスへ転じ、マンパワーグループ(株)、大手資格スクール傘下の人材会社などで営業、採用・転職コンサルタント、管理職に従事。800名の経営者と1,200名の求職者と接し、企業の採用支援と求職者支援を行う。

その過程でビジネスにおける法律の重要性を感じると共に、人と企業のやりたいことを支援できる専門職をめざし、働きながら行政書士資格を取得。2011年に「いしい行政書士オフィス」として独立開業。

「円滑なビジネスを支援し、お客様の自己実現と社会活性化に貢献する」という理念の下、2011年に「いしい行政書士オフィス」を設立し、独立開業。

起業家や個人事業主のビジネス支援に注力し、専門は酒類販売業免許の取得支援と会社設立支援。

特にビール会社での勤務経験も活かした酒類販売業免許の取得支援には強みがある。

共著の「駆け出し行政書士さんのための実務の手引き・許認可業務編」(翔泳社)では酒販免許ノウハウについて執筆実績がある。

酒類業界特有の流通構造と商慣習に精通した数少ない行政書士としてお客様から相談と依頼が増加中。

メディア情報

酒類販売業務セミナー2013 開催概要

日時 2013年12月21日 土曜日 13時30分~17時00分
※望年会開始は17時30分~20時00分
参加費用 10,500円
※セミナーと望年会の参加者は15,500円になります。
※望年会のみのご参加は5,000円となります。
※事前振込となります。
※申込みは【先着順】にて受付いたします。
※直前のキャンセルへの返金はご遠慮いただいております。
(申込受付後、メールにて振込先連絡)
場所 三井生命保険本社 17階会議室 ※東京駅直結、地下鉄大手町駅B2a出口すぐ
http://www.mitsui-seimei.co.jp/pmm/info/office.html
住所 東京都千代田区大手町2-1-1 大手町野村ビル
アクセス
大きな地図で見る

酒類販売業務セミナー2013 お申し込みフォーム