交通事故業務セミナー2014

受験に合格する知識と実務に必要な知識が異なるため、
そして雇用が圧倒的に少ないため
行政書士が実務を学ぶ場がほとんどないのが実情です。

行政書士会の研修などはあるものの、
大人数のためどうしても一般論に終始しがちで
内容にばらつきがあることは否めない現状があります。

行政書士として看板を掲げた以上
初めてだからできませんでは
いつまでたってもできません。

でも、
経験不足や知識不足で
お客様に不利益を与えるわけには絶対にいけません。

行政書士の実務レベルを上げることが、
行政書士自体の底上げになり、
さらにはご依頼者の方の利益になる。

その想いではじめたのが行政書士の学校です。

行政書士の学校セミナー

今回の実務セミナーは交通事故業務
交通事故業務をされる行政書士が増えており、
社会でも行政書士が交通事故業務ができるという認識が広まり
より市場ができてきていると思います。

しかし一方で、
これさえ読めばできるというものがなく、
また業際も難しいところであり、
業務の内容などわからないというのが実情ではないでしょうか?

今回の講師である若林哲平先生
独立前から交通事故業務専門の事務所で修行を積み
独立してからもほぼ売り上げのすべてが交通事故業務という
まさしくプロフェッショナル。

実は僕とは開業同期でもあり、
尊敬できる行政書士仲間でもあります。

例年、大盛況で全国から参加のお申し込みが殺到するほど
人気の講座でもあります。

交通事故業務セミナー

>>去年の模様はこちら

一般論に終始せず、
実例を基にした営業の話や実務の裏話などはもちろん
弁護士との関係などについても話していただきます。

ぜひご興味のある方は奮ってご参加ください!

交通事故業務セミナー2013 こんな方におススメ

 これから開業する方
 営業の苦手な方
 交通事故業務に興味のある方
 行政書士ができることについて知りたい方
 交通事故業務の今が知りたい方

交通事故業務セミナー2014 セミナー内容

1.目次

2.自己紹介

3.交通事故業務の現状

4.本セミナ-の目標

5.交通事故業務の全体像

6.交通事故業務の法的根拠
 ①自賠責保険業務
 ②事実証明・権利義務に関する書類作成業務
 ③相談業務

7.基礎編
 ①事故発生~解決の流れ
 ②自賠責保険と任意保険(一括払いとは?)
 ③事前認定と被害者請求
 ④後遺障害等級認定の流れ
 ⑤異議申し立てについて
 ⑥参考書籍のご紹介

8.実務編
 ①集客
 ②相談対応
 ③受任(契約)
 ④着手
 ⑤必要書類の収集
 ⑥申請書類作成
 ⑦手続代行
 ⑧手続後のサポート

9.まとめ

10.質疑応答

※一部内容が変更する可能性があります。

交通事故業務セミナー2014 講師紹介

若林哲平

交通事故業務担当 若林哲平

1980年3月生まれ。神奈川県相模原市出身、東京都在住。

青山学院大学経営学部卒。会社員、NPO職員、専業主夫を経て、
2008年4月『行政書士わかば事務所』を設立。

開業当初から交通事故の後遺障害等級認定サポートに専門特化。

これまで1000件を超えるご相談、200件を超える申請手続きを経験
(平成24年3月末日時点)。

3度の手術を要する自身の交通事故体験を元に、交通事故被害者様のお気持ちに寄り添ったサポートを信条とする。
私生活ではいつの間にか三児の父。特技は早起き。毎朝4時起きで仕事に家事に育児に奮闘中。

交通事故業務セミナー2014 開催概要

日時 2014年3月22日 土曜日 13時30分~17時00分
参加費用 10,500円
※事前振込となります。
※申込みは【先着順】にて受付いたします。
※懇親会は別途実費のみいただきます。
※直前のキャンセルへの返金はご遠慮いただいております。
(申込受付後、メールにて振込先連絡)
場所 NATULUCK 茅場町店 2階 大会議室
住所 東京都中央区日本橋兜町7-15ISEビル2階
アクセス http://www.natuluck.com/conference/kayabacho.htm

交通事故業務セミナー2014 お申し込みフォーム