どんと来い戸籍セミナー2013

受験に合格する知識と実務に必要な知識が異なるため、
そして雇用が圧倒的に少ないため
行政書士が実務を学ぶ場がほとんどないのが実情です。

行政書士会の研修などはあるものの、
大人数のためどうしても一般論に終始しがち、
さらに現役バリバリの専門の先生が話すことは少ない。

しかし、
経験不足や知識不足で
お客様に不利益を与えるわけには絶対にいけません。

行政書士の実務レベルを上げることが、
行政書士自体の底上げになり、
さらにはご依頼者の方の利益になる。

その想いではじめたのがこの行政書士の学校です。

行政書士の学校セミナー様子

今回の実務セミナーは相続業務のうち
【戸籍】に焦点を置きました。

相続業務は言う間までもなく
少子高齢化社会の中で非常に重要な業務です。

しかし、戸籍はその基礎になるのに
行政書士の試験ではもちろん戸籍の読み方について
勉強はしてきませんでした。

実際に実務をしてみると
非常に複雑な戸籍も出て来たりして
最初に基礎を固めておく必要性を痛感しましたが
戸籍の読み方を教えてくれるところってないのです。

そこで今回は
司法書士の水谷先生を講師に迎え
相続業務の基礎、戸籍の読み方について
じっくりお話ししていただきます。

去年の戸籍セミナー様子

>>去年の模様はこちら

一般論に終始せず、
実例を基にした営業の話や実務の裏話などはもちろん、
業際や司法書士との連携についても話していただきます。

本当に実務に精通している専門家から
生の現場の話をたっぷり少人数で聞けるチャンスです。

これまで以上にニーズが高まるであろう相続業務について
基礎と戸籍の読み方からじっくりと
この機会に一緒にしっかり学びませんか?

ぜひご興味のある方は奮ってご参加ください!

どんと来い戸籍セミナー2013 こんな方におススメ

 これから開業する方
 相続業務を手がけたい方
 戸籍の読み方をしっかり学びたい方
 行政書士ができる民事業務について知りたい方
 業際や司法書士との連携が知りたい方

どんと来い戸籍セミナー2013 セミナー内容

どんと来い戸籍【戸籍調査の基礎知識、戸籍法・相続法の歴史・成り立ち& 相続業務の応用知識】

【第一部 相続と戸籍調査の基本事項】

①相続業務の流れについて
②相続業務の基本調査事項と戸籍調査の関係
③戸籍は何のためにどの範囲を収集するのか(戸籍の編製について)
④戸籍調査の具体例~現行法を中心として、
⑤実践!戸籍調査(実際の戸籍を使用した調査シュミレーション等)
⑥戸籍申請時の注意事項ほか

【第二部 相続業務の応用知識】

①相続を複雑にする要因Ⅰ~数次相続が発生するとどうなるのか?
②相続を複雑にする要因Ⅱ~旧民法及び旧戸籍法を学習する必要性
③民法の歴史と戸籍法の成り立ち
④相続にまつわる各種申立手続
⑤不動産登記と相続
⑥会社法務と相続

※一部内容が変更する可能性があります。

どんと来い戸籍セミナー2013 講師紹介

水谷英東

かなえLaw-ing司法書士事務所 代表 水谷英東

昭和57年新潟県出身

平成17年法政大学法学部法律学科卒業

平成18年より司法書士事務所での勤務をはじめ

平成19年に司法書士試験合格

平成22年に個人事務所を開業し、現在に至る

メディア情報

どんと来い戸籍セミナー2013 開催概要

日時 2013年9月11日 水曜日 18時30分~21時00分
参加費用 7,350円
※事前振込となります。
※申込みは【先着順】にて受付いたします。
※懇親会は別途実費のみいただきます。
※直前のキャンセルへの返金はご遠慮いただいております。
(申込受付後、メールにて振込先連絡)
場所 千代田プラットフォーム ※東西線竹橋駅から徒歩3分
住所 東京都千代田区神田錦町3-21
アクセス http://yamori.jp/access/

どんと来い戸籍セミナー2013 お申し込みフォーム