建設業セミナー2017

せっかく受験に受かっても、雇用が少なく、
即独立の多い行政書士。

行政書士会の研修などはあるものの、
大人数のためどうしても一般論に終始しがち、
さらに現役バリバリの専門の先生が話すことは少ないのが現状。

しかし、
初めてだからできませんでは
いつまでたってもできません。

でも、
経験不足や知識不足で
お客様に不利益を与えるわけには絶対にいけません。

行政書士の実務レベルを上げることが、
行政書士自体の底上げになり、
さらにはご依頼者の方の利益になる。

そんな想いから始めたのが
【行政書士実務セミナー】

今回は行政書士の王道業務中の王道である建設業務について、HIKE行政書士法人の石橋さんにお話いただきます。

セミナーの様子

石橋さんは僕が開業したときからお世話になっている大先輩。

東京都行政書士会でも建設業の講師を任されるほど
実務を重ねてきただけでなく
わかりやすく伝えてくださるプロフェッショナル。

一般論に終始しない、
営業の話や実務の裏話など
そこまで話しちゃう!?って話が満載です。

行政書士にとっての主要業務
【建設業】

より深く学べるよう1回目で宿題を出し、
2回目でそれを添削、確認します。

いかにして専門特化して突き抜けたのか?
建設業は今後どうなのか??
建設業のお客様は怖いのか(笑)

大規模な研修ではないから
原理原則にとどまらず
現場の突っ込んだ話もできます。

ローカルルールや最新の業界情報まで
単なる手引きに書いてあるような話以上の
現場の生の話が聞ける機会は滅多にありません。

ぜひこの機会に建設業について
しっかり学びませんか?

建設業セミナー2017 こんな方におススメ

 これから開業する方
 建設業手続きに興味のある方
 建設業のご依頼を受けたけどちょっと不安な方
 建設業専門の講師に建設業の現状を聞きたい方

建設業セミナー2017 セミナー内容

<前編>
1.建設業・建設業許可の基礎知識
・そもそも建設業とは?
・許可の区分

2.許可を受けるための要件とその判断
・建設業許可を受けるための要件
・申請に必要な書類の見方

3.課題
・新規申請に必要な書類を作成する
・会社の手続きに不備があった際の対処法

<後編>
4.財務諸表の作り方
・税務申告したものそのままではダメ
・完成工事原価の考え方

5.建設業許可取得後の手続き
・業者票
・各種変更届

6.知っておくべき請負の知識

※多少変更する可能性はあります

宅建業セミナー2017 講師紹介

石橋俊之

ハイク行政書士法人 石橋俊之

1975年東京都出身。明治大学政治経済学部卒業。

大学卒業後、流通業界に就職するも、自ら起業したいという思いから行政書士を目指す。

平成16年、行政書士試験に合格、大手行政書士事務所に勤務した後、平成18年に独立。
平成19年にハイク行政書士法人設立。現在は渋谷区千駄ヶ谷に事務所を構える。

開業当初から建設業・宅建業などの許認可申請に特化し事業支援を行っている。
個人事業主から上場企業まで関与先は500社を超える。

数多くの申請経験を活かして業務に臨み、顧客からは「最低限の負担で、短期間で許可が取れた」と喜びの声を頂くことも多い。

宅建業の申請件数の多さから全日本不動産協会から表彰された実績もある。

また、東京都行政書士会主催の初級業務研修、行政書士会渋谷支部主催の業務研修会をはじめ、取引先の主催する建設業、宅建業の研修などでも講師を務めており、わかりやすく熱い講義が好評を博している。

メディア情報

建設業セミナー2017 開催概要

日時 2017年10月21日 土曜日 13時30分~17時00分
2017年11月11日 土曜日 13時30分~17時00分
参加費用 16,200円(2回セットの価格です
※事前振込となります。
※申込みは【先着順】にて受付いたします。
※懇親会は別途実費のみいただきます。
(申込受付後、メールにて振込先連絡)
場所 株式会社KACHIEL セミナールーム ※品川駅徒歩5分
住所 東京都港区高輪3-25-23京急第2ビル6F
アクセス http://kachiel.jp/company.php#access

建設業セミナー2017 お申し込みフォーム